こんにちは。
グローバル留学センターの橋本です。

年々カナダで就職したい、永住権を取得されたいと言う方でEarly Childhood Educator(保育士)の資格を取得したいと言う方が増えて来ています。
そこで本日はカナダでの就職、そして永住権の取得にも繋がりやすい「Early Childhood Education(ECE:幼児教育)」の資格を取得出来る州政府認定のプログラムをご紹介したいと思います。
プログラムのご紹介の前になぜEarly Childhood Educator(保育士)の資格が有ると、カナダでの就職に有利と言われる背景をお伝えしたいと思います。

ECEの資格がカナダでの就職に有利な理由

カナダでは児童保育所の数、そしてそこで働く労働者の数は大変不足している状況にあります。
バンク―バーをはじめ移民を多く受け入れている都市では毎年人口も増え、カナダにそのまま残って家族を持つ人も非常に多い為、毎年託児所の不足、子を持つ親は子供が生まれる(妊娠してすぐ)前から託児所の待ちリストに名前を載せている状況です。
そんな中、バンク―バーのあるブリティッシュコロンビア州では、州のサポートのもとで、このECEプログラムの支援をしています。
政府が行ったLabor Market Reportによると、この職種の求人状況(2017-2026年)は、リタイヤする人、経済の発展のよる新たに生み出される雇用の増加により、需要と供給のバランスも良く求人状況も良いそうです。賃金中央値も各州が定める最低賃金以上で、週によっては最低賃金を大きく上回っていて悪くありません。

Sprott Shaw CollegeのEarly Childhood Educationプログラムについて


今回紹介するECEプログラムはSprott Shaw Collegeが開講するプログラムとなります。
Sprott Shaw Collegeは100年の歴史を誇る老舗のビジネス専門学校です。
バンクーバーをはじめとするBC州12都市にキャンパスを構えていて、カナダ人学生、留学生が専門学校です。
国際貿易、旅行系、IT系、福祉、ビジネス、ECEなどコースが非常に多彩。卒業後のケアも充実しており、就職率もよい学校です。
Sprott ShawのECEプログラムはBC州政府の認可プログラムなので、卒業後には州政府認定のEarly Childhood Educatorのライセンスを取得出来ます。プログラムの内容も定期的に審査がはいり最新情報に合わせてアップデートされています。

ECE Basic Certificate プログラム

BC州での保育士就労に必要とされる知識、スキルを一通り身に付ける事が出来るプログラムです。
保育士の基本資格となるのが、Early Childhood Educator Basic (=ECE License)が取得できます。
プログラムには地域のデイケアなどで実施する実習が含まれています。その他、心肺蘇生法、ファーストエイド、食品衛生のサティフィケート取得もプログラムに含まれている。

  • 期間
    45週間
  • 取得資格内容
    Sprott Shaw College Certificate/BC州政府認定Early Childhood Educator License申請資格/その他3つの資格 – CPR, First Aid, Food Safe

【授業】

• クラスでの受講は クラスでの受講は 35 週間
• 週5日(月 日(月 ~金)、 金)、 1日5時間(受講キャンパスにより異なる) 時間(受講キャンパスにより異なる) 時間(受講キャンパスにより異なる) 時間(受講キャンパスにより異なる) 時間(受講キャンパスにより異なる)
• 担任制
• クラス内容は講義と実践 クラス内容は講義と実践
• 各教科ごとにテストプレゼン 各教科ごとにテストプレゼン 各教科ごとにテストプレゼン

【研修】

• 現地研修は 10 週間
• 1日8時間研修(帯は先により異なる) 時間研修(帯は先により異なる) 時間研修(帯は先により異なる) 時間研修(帯は先により異なる)
• 3つの異なる研修先でトレーニング つの異なる研修先でトレーニング つの異なる研修先でトレーニング つの異なる研修先でトレーニング
• 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ 研修先は幼児教育専門コーディネタがアレンジ
• それの研修先を終了ごとに それの研修先を終了ごとに TouchTouch Back Session を行う

 

ECE Diploma プログラム

上記のBasicに加えて、1年未満から3歳未満の幼児をケア対象としたInfant and Toddler(IT)、特別なケアを必要とする子どもを対象としたChildren with Exceptionalities(CWE) のコースが含まれます。

【取得出来る資格】
Shaw College DiplomaDiploma Diploma
Early Early Childhood Educator申請資 格
Special Special Needs Educator申請資格
Infant /Toddler Educator 申請資格
その他3つの資格 – CPR, First Aid, Food Safe

プログラム修了後の就職について

こちらのプログラムを卒業してもOpen Work Permit(ポストグラデュエートワークパーミット)は取得できませんので、卒業した後にカナダに残って働けるわけではありません。卒業後に残って働く為には就労ビザをサポートしてくれる会社を探さないといけません。
Sprott Shawのプログラムは、週10週間の実習の他に、それと別に学校の外で週20時間まで就労が可能です。プログラムの途中でECEアシスタントの資格を取得できるので、アシスタントの資格を取った時点で、デイケアなどでパートタイムで働き始める事が出来ます。働きながら職場で信頼関係を作り、卒業後に本資格を取得しそのままワークビザをサポートして貰っている方が多いです。「人が不足している」というところから、ワークビザや移民へのプロセスも非常に早く、ビザ取得も他の職種に比べてしやすいです。

日本の保育士免許をカナダの免許に切替える事をお勧めしない理由

日本の保育士免許をカナダの免許に切替えたいという方も多いですが、Sprott Shawの担当者は免許を切り替えてカナダですぐに就労出来る事をあまり期待されない方が良いと仰っています。そして日本の免許からの切替は推奨していないとの事です。と言うのも、切替えたとしても多くの方がECEアシスタント資格(準資格)にしか切替えが出来ません。

アシスタントになってデイケアなどでアルバイトが出来たとしても、本資格が取れる予定がない場合はその先の就労ビザや永住権のサポートに繋がり難いです。
以下の図を見て頂ければ分かるように、ECEの免許の種類により、一人辺りが面倒を見れる子供の人数、そして年齢が異なります。ECE Basicの場合は、3〜5歳の子供を最大8人まで見れるのに対して、ECEアシスタントの場合はあくまでもアシスタンなので見れる子供の人数が加算されません。本資格保持者が一人増える毎に、会社は最大8人まで子供をさらに受け入れる事が出来ます。つまり、会社としてはECE アシスタントとECE Basic(本資格)の保持者であれば、本資格保持者が会社に欲しいのです。Infant and Toddler(IT)、特別なケアを必要とする子どもを対象としたChildren with Exceptionalities(CWE)の資格があれば更に就職に有利になりますし時給も大きく変わります。
準資格(ECE Assistant)の場合は講師一人としてカウントされないため、雇ったとしても、子供の数を増やすことができないため、切替えたとしても結局現地での仕事探しに苦労します。

資格を切替えて直ぐに働く事が出来ても、カナダと日本では言葉や環境(人種の違う子供たち)に大きな変化があるので、英語力が無く、カナダのECEの知識が無ければ働いていくのはとても大変です。さらには免許の切替に専門留学エージェント利用する場合は、高額な切替サポート代金が掛かりますし、切替にはとても時間が掛かります。その待っている期間に学校に通えばECEアシスタント資格も取れてしまいますし。
Sprott Shawでは、Basicを取っている間にプログラムの一環でAssistantのプログラムが含まれているので(14週間)多くの学生はプログラムを初めて数か月でアシスタントの資格取得ができます。
日本の保育と海外での保育、子供に教える基本的なことや、ベースとする教材も異なるので、資格をそのまま切り替えするよりも、カナダでの教育や英語での表現なども学ぶことも考えたらやはり現地でちゃんと学校に通学した方が良いでしょう。

長くなりましたが本日は以上となります。
Sprott ShawカレッジのECEプログラムに興味を持たれましたら先ずはお問い合わせください。
専任のカウンセラーが無料であなたの留学をサポートさせて頂きます。
更に弊社だけの返金無用の奨学金もご提供していますので、どこよりもお得に留学されたい方はご連絡ください。

無料カウンセリングはこちら