こんにちは。
グローバル留学センターの橋本です。

大学生、社会人の方の中には、自分自身、友人、もしくは友人の友人に、留学やワーホリ経験者がいる方ってたくさんいるのではないでしょうか。私が大学生の頃に比べ、海外留学、ワーキングホリデーが身近になって来たと肌に感じています。

ただ、身近になって来たものの、留学に行った方のほとんどが、日常生活レベルの英語に毛が生えた程度の成果で止まってしまいます。これが事実です。
仕事で使えるレベルの英語力を得る事ができず、留学前に描いていたよりも英語が伸びずに帰ってしまう方が大半だと思います。
だいぶ辛口になってすみません。ただ、これが留学生の現実でもあるのです。

目標とするレベルが曖昧で、漠然と英語が話せる様になりたいとカナダに来た方の多くは、語学学校に通って、放課後は語学学校の友達同士遊んで、そのうち日本人同士でつるんで、英語を使わなくなり、英語が伸びなかったとなってしまいがちです。
何の準備も心構えもなくただ海外に来た方は、「かけがえの無い経験、思い出ができた」けど、、、
「あまり英語は伸びなかったな」で終わってしまいます。

そうならない為にも、留学前に目標をたてたり、準備をしっかりしておく必要があります。
まずは留学前に自分がどの程度の英語力になりたいのか?という目標を明確に決めるという事が重要です。
TOEIC以外の英語力を計る国際的なテスト 「TOEFL」や「IELTS」で目標を数値を決めるというのは目指すところが分かりやすく良いかと思います。
またこの様なノルマ的なものがあるとだらだらしない為の抑制力になるかと思います。

続いて、日本にいる間にコツコツと英語の勉強をする事も大切です。
留学に費やせる期間って最大1年程度という方が多いと思います。
1年ってほんとあっという間で上級レベルの英語力を身につけるには全然足りないくらいです。
何の準備もなく、英語力が全くのゼロからの方であればなおさら1年じゃ足りません。
留学の期間は皆さん限られているので、少しでも有効な留学生活をスタート出来る様に、
日本にいる間に文法を勉強したり、単語を地道に覚えたり、英語のドラマを見たりと、
IELTSの問題集を解いてみたり、英語の勉強を習慣付けましょう。

英語力が全くのゼロの方がいきなり、完全英語環境で学ぼうとするときわめて効率が悪かったりするので、基礎力の部分は日本語で勉強しておいた方が良いです。基礎力を留学前にある程度つけていくことで、結果としてその方が海外で英語を身につけるのに効率がよくなります。

日本にいる時から毎日努力することを身につける事で初めて、語学留学は効果あるものになりますと言うのも、結局のところ英語を伸ばすのは、環境ではなく、自分の努力という点が一番大きいですから
「留学すれば出来るようになるだろう」という考えは、あまりに楽観的、傲慢な考え方です

最後に、学生の間に留学できるという事は誰でもできる事ではありません。
大きな留学費用が掛かってくるので、留学出来るというのはとても恵まれた事だと思います。
その為に応援してくれる親達へ感謝をし、自律的な努力を続けていく必要があります。

長々と偉そうに書いてすみませんが、これからカナダへ留学に来る方の参考に少しでもなれば幸いです。